メンバー

教職員 (3名)
tachibana 立花 義裕 教授
理学博士
(profile) (科研費)
tachibana 画像:たちバルーン cTommy
araken 荒木 健太郎 協力研究員(リサーチフェロー)
博士(学術)
南岸低気圧 (profile) (科研費)
ando 安藤 雄太 研究員
博士(学術)
乱流フラックス, 超音波風速計,
テレコネクション, 縁辺海 (profile)
学生 (博士後期課程) (2名)
ogata 緒方 香都 DC3

南極, 海氷, AGCM

坂田 晴香 DC3 氷床コア,ダスト
学生 (博士前期課程) (5名)
加藤 茜 MC2
研究テーマ・キーワード
中村 祐貴 MC2
研究テーマ・キーワード
竹端 光希 MC1
オホーツク海の海氷変動,テレコネクション,
大気海洋海氷相互作用
松田 佳奈 MC1
研究テーマ・キーワード
山中 晴名 MC1
全球気候変化,南極大陸・南大洋,南極底層水,海洋子午面循環,下層雲フィードバック
学生 (学部生) (9名)
加藤 実紗 BC4
研究テーマ・キーワード
天野 未空 BC4
災害級の冷夏が近年発生していない理由
オホーツク海高気圧,太平洋高気圧
山下 将大 BC4
研究テーマ・キーワード
山本 諒 BC4
研究テーマ・キーワード
天野 友香 BC3
研究テーマ・キーワード
上野 僚也 BC3
研究テーマ・キーワード
大橋 勇介 BC3
研究テーマ・キーワード
平賀 詩之助 BC3
研究テーマ・キーワード
山田 裕貴 BC3
研究テーマ・キーワード


退職教職員
komatsu 小松 謙介 特定事業研究員
博士(学術)
2017年4月-2020年6月
鈴鹿颪, 北極観測
yamazaki 山崎 孝治 特定事業研究員
理学博士
2014-2017年度
北極振動 (profile) (科研費)
kodera 小寺 邦彦 特定事業研究員
理学博士
2013-2015年度
成層圏 (profile) (科研費)
博士号取得者
ando 安藤 雄太 2020年9月
Influence of land-sea thermal contrast in midlatitude upon the seasonal evolution of stratospheric circulation and the modulation of temperature in Japan
(中緯度の海陸コントラストが成層圏循環の季節進行と冬期の日本の気温の変調に及ぼす影響)
araken 荒木 健太郎 2018年12月
Study for Understanding of Snowfall Phenomena in the Metropolitan Areas in Japan Associated with the South-Coast Cyclones
(南岸低気圧による首都圏降雪現象の実態解明のための研究)
komatsu 小松 謙介 2018年7月
Anomalous atmospheric flows captured by multiple radiosonde sounding ‐Strong local wind from Iga to Tsu and Atmospheric Rivers from Siberia to the Arctic‐
“局地”と“極地”でのラジオゾンデを用いた直接観測から捉える極端気象現象 ‐伊賀から津に吹く鈴鹿おろしと,シベリアから北極に流れるAtmospheric Rivers‐
投稿論文はこちら
alima アリマ
ディアワラ
2016年12月
Influence of oceanic global evaporation upon long-term variation of Sahel rainfall
全球洋上における蒸発がサヘルの長期的な降水量変動に及ぼす影響
投稿論文はこちら
nishikawa 西川 はつみ 2015年3月
Radiosonde observation evidence of the impact of SST fronts on atmospheric circulations
ラジオゾンデ観測で捉えられた海面水温前線によって駆動される大気循環)(profile)
投稿論文はこちら
博士前期課程修了生
Ota 太田 圭祐 2021年3月
 Larger contribution from historical Chukchi Sea ice decline to extreme cold Asian winter 2017-18 than Barents Sea ice and La Niña
チャクチ海の海氷激減による2017/18年東アジアの寒冬の強化) (要旨
nakanishi 中西 友恵 2021年3月
  Possible semi-circumglobal teleconnection across Eurasia driven by deep convection over the Sahel
サヘルの対流に伴う熱源がもたらすユーラシアを横断するテレコネクション) (要旨
投稿論文はこちら
sugihara 杉原 直樹 2020年3月
 Influence of the Antarctic Oscillation (AAO) upon atmospheric circulations in the Northern Hemisphere through the Somali Jet
南極振動が及ぼすソマリジェットを介した北半球大気循環への影響) (要旨
matsuoka 松岡 優輝 2020年3月
  Influence of the local sea surface tmperature on snowfall in north of Mie prefecture
三重県北部降雪への日本海の水温の影響) (要旨
seki 関 陽平 2019年3月
Climatological regionality of day-to-day change of daily temperature due to SST distribution around Japan
日本周辺の海面水温分布がもたらす気温前日差の気候学的地域性)(要旨
kanai 金井 惇平 2018年3月
A weakening process of a typhoon ~impact of tropopause fluctuation~
(台風の衰弱過程~圏界面変動の影響~)(要旨
saka 坂 泰志 2018年3月

(2016年1月の日本の大寒波に伴う北極振動の急激な極性反転と北極海氷の減少)(要旨
kawasaki 川崎 健太 2017年3月
The role of existence of the Okhotsk Sea for weaken the northern hemisphere zonal mean flow in winter season
(オホーツク海の存在が弱める冬季北半球規模帯状平均流)(要旨
horiguchi 堀口 桃子 2017年3月
A "Kuroshio-typhoon-atmosphere" couple system causes the U-turn of a typhoon
結合系『黒潮→台風⇔大気』がもたらす台風のUターン)(要旨
suzuki 鈴木 はるか 2015年3月
Why was AO Amplified and Modulated at the end of 20th century?
北極振動の増幅と変調は何故20世紀末に生じたか?)(要旨
松本 直也 2015年3月
Overland local weather induced by a leeward meso-cyclone in the Ise Bay
伊勢湾の存在が及ぼす冬季の平野部の局地気象~海水温が駆動する伊勢湾小低気圧~)(要旨
ando 安藤 雄太 2014年3月
Abnormal winter weather in Japan during 2012 controlled by large-scale atmospheric and small-scale oceanic phenomena
大気循環と日本海が影響を与えた2012年冬の異常気象)(要旨
投稿論文はこちら
fujita 藤田 啓 2014年3月
Influence of Regional Cold Okhotsk SST upon Remote Atmospheric Circulation in Summer
夏季オホーツク海の局所的な低水温がもたらす大気場への遠隔影響)(要旨
吉岡 七緒 2014年3月
Reversal Vertical Horizontal Circulation of Typhoon Core Area Captured by Frequent Radiosonde Observation
(高頻度ラジオゾンデ観測によって捉えられた台風中心近傍の逆鉛直循環)(要旨
大鹿 美希 2013年3月
Inpact of the winter North Atlantic Oscillation on the Western Pacific region in the following winter
冬季北大西洋振動が翌冬の西太平洋域の天候に及ぼす影響)(要旨
投稿論文Part1はこちら Part2はこちら
otomi 大富 裕里子 2013年3月
Hemispheric hot summer in 2010 and its relation to the Arctic Oscillation and the Atlantic Ocean
北大西洋の海面水温パターンがもたらす北極振動の極性反転と2010年猛暑)(要旨
楊 悦 2013年3月
Can the width change of Yangtze river influence the local rainfall ?
長江の江寛変化は流域降水量に影響するや否や
ito 伊藤 匡史 2012年3月
The Relationship between the Arctic Sea-ice Recovery and Atmospheric Circulations in Autumn
秋季における北極海の海氷回復と大気循環の関係)(要旨
ogata 緒方 香都 2012年3月
Influence of the Antarctic sea-ice anomaly upon largescale atmospheric circulation in the Southern Hemisphere by using AGCM
大気大循環モデルを用いた南極周辺の海氷が大気循環に与える影響)(要旨
投稿論文はこちら
坂田 晴香 2012年3月
南極氷床コアの永年ダスト記録を使用した氷河時代における気候遷移メカニズムの解明
nishikawa 西川 はつみ 2012年3月
Meso-scale atmospheric anticyclone disclosed by innovative radiosonde observation over the Kuroshio-Oyashio front
海洋前線上で実施した革新的なラジオゾンデ観測によって明らかとなったメソ高気圧)(要旨)(三重大紀要
投稿論文はこちら
komatsu 小松 謙介 2011年3月
Simultaneous multiple radiosonde observation on localized extremely strong wind in Mie Prefecture
狭域多点同時気球観測による鈴鹿颪の準断面解析)(要旨)(三重大紀要)(科研費報告書
投稿論文はこちら
alima アリマ
ディアワラ
2011年3月
Influence of oceanic global evaporation upon long-term variation of Sahel rainfall
全球洋上における蒸発がサヘルの長期的な降水量変動に及ぼす影響
学部卒業生
kato 竹端 光希 2021年3月
オホーツク海の海氷変動に及ぼす熱帯海面水温からの遅延影響ppt)   (要旨
kato 山中 晴名 2021年3月
全球温暖化に対する南極域の応答感度についての海氷の影響を減らした検証ppt)   (要旨
kato 加藤 茜 2020年3月
大気テレコネクションとGDP成長率の共変動ppt)   (要旨
nakanishi 中西 幸太郎 2020年3月
 昭和初期大凶作を引き起こした度重なる冷夏-日本の動乱と異常気象-     (ppt)   (要旨
nakamura 中村 祐貴 2020年3月
  関東の降雪は近年の方が極端化しているのか?ppt)   (要旨
mine 峯 大誠 2020年3月
西日本を西進した台風の経路を変える寒冷渦との双方向作用    (ppt) (要旨) 
ota 太田 圭祐 2019年3月
2017/18年冬季の異常な中高緯度大気循環に影響した異常なチャクチ海の海氷減少ppt) (要旨
近藤 早咲 2019年3月
紀伊半島の集中豪雨に関わる総観規模大気場の統計的特徴 (要旨
nakanishi 中西 友恵 2019年3月
サヘルの対流変動が駆動する北半球大気循環パターンppt) (要旨
出口 純也 2019年3月
死亡数変動と気象の関連性 (要旨
sugihara 杉原 直樹 2018年3月
南極振動由来のソマリジェットは北半球亜熱帯ジェットを変える~ソマリジェットは両半球をつなぐ~ppt
nagata 永田 桃子 2018年3月
東シベリアの森林の消失が北太平洋上の大気循環に及ぼす影響ppt
服部 友香 2018年3月
先行する大型台風が対流圏上層場を変え,追走する台風の強度に及ぼす影響
matsuoka 松岡 優輝 2018年3月
三重県北部の降雪変動に寄与する北日本小低気圧の存在ppt
大河内 雄太 2017年3月
黒潮前線を通過する南風がもたらす上昇流と風向変調~紀伊半島沖ゾンデ観測~ppt
河野 文香 2017年3月
ジュグジュル山脈が生み出すジェットが促進するオホーツク海氷拡大~海氷拡大はジュグジュルジェットを再強化する~ppt)(要旨
seki 関 陽平 2017年3月
気温急変の気候学的見解ppt)(要旨
平松 大和 2017年3月
屋久島を回り込む風が発生させるエクマンパンピングによる周辺海水温への影響(ppt)(要旨
山内 大輝 2017年3月
終戦を促した異常気象~昭和20年大豪雪と大冷夏~ppt)(要旨
山本 雪乃 2017年3月
冬季モンスーンによる日本海筋状雲群がもたらす総観規模低気圧の強化~その低気圧はモンスーンを強める~ppt)(要旨
井上 裕介 2016年3月
北極振動と南極振動の「メタ・テレコネクション」 ~成層圏は両半球を繋ぐ航路~ppt)(要旨
投稿論文はこちら
kanai 金井 惇平 2016年3月
台風衰弱の新プロセス~圏界面付近の影響~(ppt)(要旨
saka 坂 泰志 2016年3月
三四半球をめぐる北半球中高緯度の大気海洋間強制の東進連鎖ppt)(要旨
澤井 宏佑 2016年3月
タイムラプス動画を用いた現代的観天望気(ppt)(要旨
田川 侑季 2016年3月
赤道アフリカの乾燥化が駆動する亜熱帯アフリカの多雨ppt)(要旨
horiguchi 堀口 桃子 2015年3月
2011年7月台風6号がUターンした理由とは
kawasaki 川崎 健太 2015年3月
オホーツク海が無ければ梅雨は弱まる!?ppt
投稿論文はこちら
中田 晃志 2014年3月
2つの台風による連鎖する遠隔強制ー台風12号が日本に上陸した理由ーppt)(要旨
suzuki_k 鈴木 耕二郎 2014年3月
ブロッキング高気圧の暖候期における増加トレンドの発見要旨
谷口 佳於里 2014年3月
秋雨前線帯の位置を決定付ける日本周辺の海面水温ppt)(要旨
古田 仁康 2013年3月
成層圏突然昇温とその前後の対流圏変動との連関要旨
suzuki_h 鈴木 はるか 2013年3月
近年の北極振動の増幅ppt)(要旨
平野 穂波 2013年3月 海氷の再現性の高いモデルを用いた北半球気候の将来ppt)(要旨
ando 安藤 雄太 2012年3月
超音波風速計がとらえた乱流フラックスー勢水丸での黒潮横断観測ー(ppt)(要旨
投稿論文はこちら
大西 将雅 2012年3月
大津波は気象に影響を与えうるのか?気象は地震を誘発するか?ppt)(要旨
早川 佳乃 2012年3月
ISCCP衛星データによる全球規模の昼夜雲量差ppt)(要旨
fujita 藤田 啓 2012年3月
夏季オホーツク海の海面からの冷却は大気をどの程度高気圧化させるか?ppt)(要旨
吉岡 七緒 2012年3月
ラジオゾンデ高頻度観測によって明らかとなった台風中心近傍の微細構造ppt)(要旨
池田 尚仁 2011年3月
日本の降雪に影響を与えるシベリアジャパンパターンの予測可能性
otomi 大鹿 美希 2011年3月
冬季北大西洋振動が翌冬の日本の気候に与える影響ppt
otomi 大富 裕里子 2011年3月
Reversal of Arctic Oscillation pattern and its relation to extreme hot summer in Japan in 2010北極振動の符号反転と2010年日本の猛暑の関連性)(三重大紀要
投稿論文はこちら
三谷 厚美 2011年3月
琵琶湖の堆積物コアが捉えるグローバルな気候変動についてppt
miyamoto 宮本 守 2011年3月
南北両半球間を横断する水蒸気輸送と降水量との関連性ppt
ito 伊藤 匡史 2010年3月
2009年秋の北極海ラジオゾンデ観測によって観測された大気の順圧不安定とメソ渦列ppt)(要旨
ogata 緒方 香都 2010年3月
海氷が南極周辺の大気循環に与える影響ppt)(要旨
nishikawa 西川 はつみ 2010年3月 ラジオゾンデで観測された千島列島周辺の激しいSST勾配が駆動する大気循環ppt)(要旨
投稿論文はこちら


ゆるキャラ
nishikawa くもマン ゆるキャラ 積乱雲
nishikawa せいくん(左),ふーくん(右) ゆるキャラ 北極振動
nishikawa せいペンギン(左),ふーペンギン(右) ゆるキャラ 南極振動
nishikawa おんてい子爵 ゆるキャラ 温帯低気圧
nishikawa 爆低伯爵 ゆるキャラ 爆弾低気圧
nishikawa 台風マン ゆるキャラ 台風
nishikawa しずくちゃん ゆるキャラ 雨粒
nishikawa かんばつくん ゆるキャラ 干ばつ
nishikawa なみぃさん ゆるキャラ 海の波
nishikawa おひさま ゆるキャラ 太陽
nishikawa おつきさん ゆるキャラ
nishikawa おほしさん ゆるキャラ
nishikawa かざんさん ゆるキャラ 火山
nishikawa えねさん ゆるキャラ エネルギー


集合写真 (2008-2021)
2021 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008

-top-